車

カーライフをより良くするetcカード即日発行~ドライブgogo~

多機能なカーナビ

民生用カーナビは日本で生まれました

近年の自動車産業は若年層の生活習慣の変化に伴う自動車離れが話題になることもありますが、依然として日本の人口の半数以上の保有台数がある程多くの自動車が世間で使用されています。更にその自動車の40%程度にはカーナビが搭載されている程普及しているのがカーナビの現状です。カーナビに使用されている技術は1970年代には既にありましたが、民瀬用カーナビが販売されたのは1981年の日本が世界初です。開発当初は慣性を利用したシステムで安定性が保証されていませんでした。その後、GPSを利用したカーナビが登場しましたが、民間用に提供される情報が不十分でした。現在はこれらの欠点も改善されて、地図情報だけではなく各種情報取得が可能な機能強化が進んでいます。

大別して2種類あります

近年では多機能化や処理速度の高速化、記憶容量の拡大が図られているカーナビは、他のデジタル機器と接続して利便性の向上が図られて知ます。その過程でカーナビは車体に埋め込む一体型と持ち運びが可能なポータブル型の2種類が流通するようになりました。一体型の特徴は車内のオーディオ機器搭載部分に内蔵することで見た目の統一感を図ることが可能です。オーディオ機能や映像機能も搭載されている多機能が一般的で、更に外部機器を接続することも可能な機種が多い傾向にあります。ポータブル型はシガーソケットから電力を供給することで使用可能なコンパクトサイズです。取り外しが容易ですから他の自動車に持ち込むことも可能で、最低限のカーナビ機能で良い人に適しています。